SEO

今のSEO対策はとにかく読者目線で考えることが重要

画面を見ている男性

サイトやブログを運営している方にとってアクセスアップしたいという想いは同じ。アクセスを増やすためにはかつてであれば専門的なSEO対策が必要でありましたが、今は大手検索サイトのアルゴリズムもユーザーファーストSEOという視点から記事の内容が読者目線であるかどうかが問われています。では具体的にどのような対策が考えられるのでしょうか?
1つは文字数です。1500文字以上の記事でそれが有益な情報であるかがユーザーファーストSEOとしては重要になっています。文字数が多ければ多いほど検索でヒットする可能性はアップしますが、大切なのはその内容。一体その記事は誰に見てもらう記事なのか?が重要なのです。となれば次はタイトルです。これも誰に見てもらいたいかという意味ではストレートにかつキーワードを入れ込むことが求められます。文章においても同じことが言えますが、キーワードを入れ込む際にはしっかりとした日本語として読みやすいかも問われておりますので、あくまで自然に入れるように心がけましょう。
このようなユーザーファーストSEOをカンペキに対応するにはキーワード選定や文章作成など、SEO対策業者に依頼することも必要です。客観的な視点で判断してもらうキッカケにもなるでしょうから、アクセスアップを目指すなら検討しておきましょう。